シェアする

エンジニアがよく使う基本的なgitコマンド集

gitでソース管理していると、慣れていてもふとコマンドを忘れる時があります。
そんな時に備忘録として、よく使うコマンドを紹介します。

リモートリポジトリのクローン

git clone [url] [clone_dir]

ブランチの作成

git checkout -b develop

※developブランチの作成

作成したブランチをリモートリポジトリに反映

git push origin develop

※developブランチをリモートリポジトリに反映

ブランチの切替

git checkout develop

※developブランチに切替

ブランチのマージ

git checkout develop
git merge feature/xxxxx

※feature/xxxxxブランチをdevelopブランチにマージ

リモートリポジトリにあるブランチを取得

git branch feature/xxxxx origin/feature/xxxxx

※リモートリポジトリにあるfeature/xxxxxブランチを取得

前回のコミットと比較

git status

コミットするファイルおよびディレクトリを追加

git add [登録するファイル名]

コミット時にコメントを指定

git commit -m '[コメント]'

直前のコミットの取消

git reset --soft HEAD^

git addの取消

git reset HEAD [addしたファイル名]

管理対象から対象ファイルを外す

git rm --cached [管理対象から外すファイル名]

※–cachedがないとファイル自体も削除される

物理削除したファイルを一括で管理対象ファイルから削除

git rm `git ls-files --deleted`

リモートリポジトリに内容を反映

git push origin feature/xxxxx

※リモートリポジトリにfeature/xxxxxブランチを反映

ブランチの削除

git branch -d [削除ブランチ名]

ブランチ名の変更

git branch -m [古いブランチ名] [新しいブランチ名]

リモートリポジトリの最新情報をローカルリポジトリに持ってくる

git fetch
git merge origin/master

タグの作成

git tag -a [tag名] -m '[コメント]'
git push origin [tag名]

その他でよく使うコマンドについても、随時追加していきます。